最近の記事
2016年03月11日

ピッチャーのコントロールをよくする練習方法とは

野球ピッチャー上達革命は、世間一般的に言われているような練習法は一切使いません

どんなに速い球が投げられてもコントロールが悪ければ意味がありません。

草野球ピッチャーに最低限必要なものはコントロールです。

どんなに球が遅くとも、ストライクさえ投げてくれれば、
ひとまず野球は成立します。




たとえ打ち込まれたとしても、たくさんボールが飛んでくる分、
味方の野手は飽きずにプレーができる。

相手チームのバッターもバンバン打てて、ヘトヘトになるほど野球を楽しむことができるでしょう。

それに対して、ノーコン・ピッチャーは困りものです。

敵も味方も野球をプレーすることができません。

誰より投げている本人が辛いはずです。

ストレートの制球は変化球の制球にも関わります。

ストレートの制球が悪い人を見てみると、絶対と言って良いほどに変化球の制球も悪いです。

これは、ストレートがピッチングの基礎である事を示しています。

事実、直球を思った様にコントロールできないという事は手投げになっている事が疑われます。

その状態でボールを曲げるという高度な事を取り組んだとしても上手くいくはずがありません。

ボールが曲がらないどころか、投げた球はキャッチャーのミットとはかけ離れた所に飛んで行く事でしょう。

まずは、ストレートの制球を完璧にする。

それが出来た上で変化球の習得に入っていく事を強くお勧めします。

最近の高校生は球が速いです。

140km/h台を平気で出す投手も珍しくありません。

スピードだけ見れば、プロ野球と遜色ないほどです。

それなのに、

高校生が即戦力投手となることはなかなかありません。

「最も違うのは何でしょう?」

それは・・・

「コントロール」です!

プロ野球と甲子園を見比べて頂ければ、はっきりわかります。

それでは、ここからはコントロールについて説明していきます。


posted by ピッチャー at 14:39 | 野球ピッチャー上達革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。