最近の記事
2016年03月11日

野球のピッチャーはコントロールを良くする練習方法が必要

ストライクゾーンにボールを投げられること。それが投手にとって求められる事です。
その為にはコントロールを良くする練習方法が必要になります。

投手にとって一番大事なものは何かと
聞かれれば間違いなくコントロールでしょう。

速球派投手に憧れる人もいますが、
球が速いだけでは試合に勝つこともできなければ打者を打ち取る事は出来ません。

ストライクゾーンにボールを投げられること。
それが投手にとって求められる事です。




その為にはコントロールを
良くする練習方法が必要になります。

ただ、ストライクゾーンに
投げれば良いという単純なものではありません。

キャッチャーの構えたところに投げられること、
そして高めに投げず打者のひざ元に投げられるだけのコントロールが求められます。

それさえ出来れば早いボールを投げられなくても
打者を打ち取れますし空振りは取れなくても見逃し三振を取る事は出来ます。

では、どのような練習方法をすれば
コントロールは身につくのでしょうか?

答えは体全体を使って投げるという事です。

大きなピッチングフォームで体を使って投げる。
そういったピッチングフォームで投げれば自然とボールは思ったところに行きます。
コントロールの悪い投手をみると腕だけで投げており下半身が全く使われていません。

下半身を使っていないので毎回リリースポイントが
違ってしまいボールもあちこちにバラけてしまうんですね。

あとは、本人の集中力と意識がカギを握っています。
キャッチャーミットを見てそこにボールを投げ込むという意識。
これをどれだけ持てるかがポイントです。

ピッチングはフォーム的なものもありますが、本人の意識が求められます。

精神論ではなく、絶対にキャッチャーの構えたところに投げるんだ!という思い。
これをどれだけ強く持ってるかがプラスαの要素になります。

プロ野球選手でも気持ちの強い選手ほどコントロールがいいですし、
気が弱い人ほどピンチでど真ん中に投げてしまいます。

言葉で説明するのは簡単ですが、
実際に出来るようになるには、ちょっとした練習の工夫が必要です。



posted by ピッチャー at 17:49 | 野球ピッチャー上達革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする