最近の記事
2016年10月11日

【大谷翔平はムリ?】巨人菅野智之投手のコントロール、制球力なら?

クライマックスシリーズの巨人のエース「菅野智之」投手もったいなかったですね。
「菅野智之」投手が投げる事ができなかったから
横浜DeNAベイスターズに負けてしまったみたい、巨人

やっぱり、プロ野球ではピッチャー、投手大切ですよね。

いやいや、プロだけでなく野球では
当たり前ですよね。

「菅野智之」投手のように
コントロールがよければ

勝ち星に近づける、可能性を高める事ができるって




剛速球は、速球は、努力でカバーできない事があるかも?しれませんが

コントロール、投球術は練習でトレーニングでカバーできるというのですが


コントロールが良いピッチャーに必要な練習のコツを知っているか知らないかでは、

今後のピッチャー人生を左右するといっても過言ではないと思います。

闇雲に練習するのではなく、明確な目的のある練習をすることで、 ケガをすることなく、短期間で悩みを解決できます。

私の指導を受けられた方々や、少年野球の親御さんからは、口をそろえて・・・

「え〜、これがポイントなんですか〜」と不思議がられます。

経験と研究の集大成であるからこそ、ピッチャーの制球力アップに必要な体の使い方を、

自信をもってお伝えしたいと思います。

この「野球ピッチャー上達革命」を本気で実践すれば、

今、コントロールが悪いピッチャーだとしても、
安定してストライクが取れるようになり、そして勝てるようになります。

野球を愛する気持ちを、私は応援しています。


野球ピッチャー上達革命〜コントロールを良くする練習法〜【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組

大谷翔平投手のように、160キロを投げる事ができなくても

「菅野智之」投手のあくまでも一面ですが
コントロールの良さ、制球の良さを身につける事が
トレーニングで出来そうな予感も

『野球ピッチャー上達革命』は、コントロールを良くする為の練習法に着目して、
小学生からでも実践できる制球力アップにこだわったプログラムです。

今まで、できないことを何度も反服して練習し、「もう、ピッチャー辞めたい!」と、 そこまで思った方も多いと思います。
怒鳴り散らして練習するのではなく、 効率よい練習で、考え方がシンプルです。

このシンプルさこそが、理屈がわからない子供でもちゃんと理解し、 正しい投球を模範しやすくなるポイントです。

いま
コントロールが悪い選手でも先発ピッチャーになり勝てるようになります!
ただ、なんとなくピッチャーをやっていたお子さまの顔つきが変わります!

部活で伸び悩んでいる人に役立ちます!
とにかく、ピッチャーが好きなのに、コントロールの悪さでいつまでも、
悩み続けて欲しくないという強い思いをプログラムの中に詰め込みました。





あのデーブ大久保氏も大絶賛!!元PL学園〜読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開します。【野球・ピッチャー】
posted by ピッチャー at 04:54 | 名ピッチャーに育てる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。