最近の記事
2016年03月11日

野球のピッチャーはコントロールを良くする練習方法が必要

ストライクゾーンにボールを投げられること。それが投手にとって求められる事です。
その為にはコントロールを良くする練習方法が必要になります。

投手にとって一番大事なものは何かと
聞かれれば間違いなくコントロールでしょう。

速球派投手に憧れる人もいますが、
球が速いだけでは試合に勝つこともできなければ打者を打ち取る事は出来ません。

ストライクゾーンにボールを投げられること。
それが投手にとって求められる事です。




その為にはコントロールを
良くする練習方法が必要になります。

ただ、ストライクゾーンに
投げれば良いという単純なものではありません。

キャッチャーの構えたところに投げられること、
そして高めに投げず打者のひざ元に投げられるだけのコントロールが求められます。

それさえ出来れば早いボールを投げられなくても
打者を打ち取れますし空振りは取れなくても見逃し三振を取る事は出来ます。

では、どのような練習方法をすれば
コントロールは身につくのでしょうか?

答えは体全体を使って投げるという事です。

大きなピッチングフォームで体を使って投げる。
そういったピッチングフォームで投げれば自然とボールは思ったところに行きます。
コントロールの悪い投手をみると腕だけで投げており下半身が全く使われていません。

下半身を使っていないので毎回リリースポイントが
違ってしまいボールもあちこちにバラけてしまうんですね。

あとは、本人の集中力と意識がカギを握っています。
キャッチャーミットを見てそこにボールを投げ込むという意識。
これをどれだけ持てるかがポイントです。

ピッチングはフォーム的なものもありますが、本人の意識が求められます。

精神論ではなく、絶対にキャッチャーの構えたところに投げるんだ!という思い。
これをどれだけ強く持ってるかがプラスαの要素になります。

プロ野球選手でも気持ちの強い選手ほどコントロールがいいですし、
気が弱い人ほどピンチでど真ん中に投げてしまいます。

言葉で説明するのは簡単ですが、
実際に出来るようになるには、ちょっとした練習の工夫が必要です。



posted by ピッチャー at 17:49 | 野球ピッチャー上達革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッチャーのコントロール、制球力を上げるための練習方法があります

この野球ピッチャー上達革命があれば、今の状態が

コントロールが悪くても
中盤から投球が乱れるピッチャーでも
好不調の波が激しくても
小学生でも
ピッチャーを始めた年齢が遅くても


今よりも制球力が上がり、コントロールが良いピッチャーになれます。




この「野球ピッチャー上達革命」は、小学生から実践でき、
何が原因でコントロールが悪いのか
どんな悩みの壁にぶつかっているのか

個人の原因を探りながら練習できるようにしています。

いま、他の選手よりコントロールが悪くても、

コーチから『ボールは速いけどコントロールが悪い』と言われる選手でも問題ありません。

今回のトレーニング法を実践し、

安定してストライクを取れる投球術を手に入れることができます。

親御さんや指導者は、補欠の子供を試合で投げさせてあげる手助けができるでしょう。


posted by ピッチャー at 14:49 | 野球ピッチャー上達革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピッチャーのコントロールをよくする練習方法とは

野球ピッチャー上達革命は、世間一般的に言われているような練習法は一切使いません

どんなに速い球が投げられてもコントロールが悪ければ意味がありません。

草野球ピッチャーに最低限必要なものはコントロールです。

どんなに球が遅くとも、ストライクさえ投げてくれれば、
ひとまず野球は成立します。




たとえ打ち込まれたとしても、たくさんボールが飛んでくる分、
味方の野手は飽きずにプレーができる。

相手チームのバッターもバンバン打てて、ヘトヘトになるほど野球を楽しむことができるでしょう。

それに対して、ノーコン・ピッチャーは困りものです。

敵も味方も野球をプレーすることができません。

誰より投げている本人が辛いはずです。

ストレートの制球は変化球の制球にも関わります。

ストレートの制球が悪い人を見てみると、絶対と言って良いほどに変化球の制球も悪いです。

これは、ストレートがピッチングの基礎である事を示しています。

事実、直球を思った様にコントロールできないという事は手投げになっている事が疑われます。

その状態でボールを曲げるという高度な事を取り組んだとしても上手くいくはずがありません。

ボールが曲がらないどころか、投げた球はキャッチャーのミットとはかけ離れた所に飛んで行く事でしょう。

まずは、ストレートの制球を完璧にする。

それが出来た上で変化球の習得に入っていく事を強くお勧めします。

最近の高校生は球が速いです。

140km/h台を平気で出す投手も珍しくありません。

スピードだけ見れば、プロ野球と遜色ないほどです。

それなのに、

高校生が即戦力投手となることはなかなかありません。

「最も違うのは何でしょう?」

それは・・・

「コントロール」です!

プロ野球と甲子園を見比べて頂ければ、はっきりわかります。

それでは、ここからはコントロールについて説明していきます。


posted by ピッチャー at 14:39 | 野球ピッチャー上達革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする